1 相談料

相続、交通事故(物損事故、無保険車との事故、加害者側の事故を除く)、スキー、スノーボード、ゴルフの人身事故、債務整理(消費者金融、信販会社、金融機関との債務に限る)に関しては、初回60分無料相談。離婚のご相談は30分まで1800円(税込)、その他の相談は、30分まで5400円(税込)。30分を超えた場合、10分ごとに1800円(税込)を加算する。

・交通事故の相談で弁護士費用特約がある方のご相談に関しては、保険会社に対して相談料を請求させていただきます。相談者の自己負担分はありません。
・ご本人がご来所いただけないご相談は一律有料相談です。
・午後7時以降に相談予約のご相談に関しては3600円(税込)を夜間料金として加算します。
・土曜日のご相談は一律有料相談となり、休日料金として5400円(税込)を加算します。

2 一般民事事件についての弁護士費用

(1)訴訟事件の着手金

300万円以下の場合 経済的利益の8%
最低着手金10万円
300万円を超え、
3000万円以下の場合
経済的利益の5%+9万円
3000万円を超え、
3億円以下の場合
経済的利益の3%+69万円
3億円を超える場合 経済的利益の2%+369 万円
※事件の内容により,増減額することができる。
※着手金の最低額は 10 万円

(2)訴訟事件の報酬金

300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円を超え、
3000万円以下の場合
経済的利益の10%+18万円
3000万円を超え、
3億円以下の場合
経済的利益の6%+138万円
3億円を超える場合 経済的利益の4%+738万円
※事件の内容により,増減額することができる。
※報酬金の最低額は 10 万円

(3)示談交渉・調停事件について

訴訟事件に準ずる。ただし,それぞれの額を3分の2に減額することができる。

※示談交渉から調停,示談交渉または調停から訴訟その他の事件を受任するときの着手金は,訴訟事件の着手金額の2分の1
※着手金の最低額は10万円

(4)継続して控訴審・上告審を受任する場合

訴訟第1審から継続して受任の場合は、(1)訴訟事件の着手金の3分の1を追加着手金とする。

※着手金の最低額は10万円

(5)民事執行について

(旧)日本弁護士連合会報酬等基準に準ずる。

※ただし、訴訟・調停等から継続して受任の場合は、別途協議する。

3 離婚事件についての弁護士費用

離婚専門サイトがございますので、下記リンクからお進みください。

4 相続事件についての弁護士費用

(1)相続人の調査事件

10万円
※ただし、事案が複雑困難な場合には、10万円を限度に加算する。

(2)遺産の調査事件

10万円
※ただし、事案が複雑困難な場合には、10万円を限度に加算する。

(3)遺産分割調停事件

一般民事事件に準ずるが、遺産分割に対象となる財産の範囲又は相続分についての争いのない部分については,相続分の時価の3分の1の額を経済的利益とする。

※着手金の最低額は20万円

(4)遺言書作成事件

報酬金10万円

※公正証書で作成する場合には5万円を加算する。 ※※遺産総額1000万円を超える遺言書に関しては1000万円を超過する部分につき、超過部分の0.5%を加算する。 ※※※定型外の遺言書に関しては40万円を限度に加算する。

5 交通事故についての弁護士費用

一般民事事件に準ずる。

※ただし、弁護士費用特約を利用しない場合で、被害者側の死亡事故、その他後遺障害12級以上の後遺症が残存することが明らかな事故に関しては、着手金0円、報酬金を20万円+10%(3000万円以上は8%とする。)

6 債務整理についての弁護士費用

(1)任意整理事件

着手金は、1社ごとに2万円、解決報酬金は2万円(ただし、訴訟提起の場合には債務減額金額の10パーセントを加算する)。

(2)消費者の自己破産事件

着手金は20万円から40万円、免責報酬金10万円

(3)法人破産事件

着手金は40万円以上

※債権者数、労働者数、売掛仕掛の状況等により大幅に金額が異なります。

(4)個人事業主の破産事件

着手金は30万円以上、免責報酬金10万円

(4)個人再生事件

着手金は20万円から40万円、再生認可報酬金10万円から20万円

7 刑事事件についての弁護士費用

(1) 起訴前及び起訴後の事案簡明な事件

着手金は20万円から40万円

不起訴、略式命令、刑の執行猶予、求刑された刑が軽減された場合に、報酬金として20万円から40万円

※保釈・勾留の執行停止・準抗告等は、追加着手金10万円。

(2) 起訴前及び起訴後のその他事件

着手金は30万円以上

不起訴、略式命令、無罪、刑の執行猶予、検察官上訴が棄却された、求刑された刑が軽減された場合に、報酬金として30万円以上

※保釈・勾留の執行停止・準抗告等は、追加着手金10万円。

相談予約フォームは24時間受付中

半田知多総合法律事務所へのご相談の予約はこちらから
予約専用フォームへリンクします。